サムライセキュリティ、富山第一銀行に対し、 ブロックチェーンによる電子決済体験サービスの提供開始

By in , ,
124
サムライセキュリティ、富山第一銀行に対し、 ブロックチェーンによる電子決済体験サービスの提供開始

ブロックチェーン技術を使った応援テックソリューションを提供するSAMURAI Security株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:浦田英博)は、2019年11月5日より株式会社富山第一銀行(本店:富山県富山市)に対し、イベントスペースにて期間限定で実施する電子決済体験サービス「ファーストバンクコイン(FBC)」へのシステム提供を開始したことをお知らせいたします。

当社は、富山第一銀行に対する電子決済体験サービス「ファーストバンクコイン(FBC)」へのシステム提供を通じて協働し、電子決済および電子通貨の普及、ブロックチェーンの研究の領域で、富山県における地域経済の活性化に貢献してまいります。
※2019年11月5日(火)~2020年1月末頃(予定)

ブロックチェーン技術による電子通貨システムYEL

本提携で提供する電子通貨システムYEL(エール)は、ブロックチェーン技術による決済・送金と、利用者と加盟店が交流するコミュニティ機能を併せ持つ地域で循環型の消費をつくることを意図した電子通貨システムです。

本システムが発行する電子通貨(トークン)は加盟店の商品購入、サービス利用などに利用できる決済機能だけでなく、加盟店のYOSEGAKI掲示板へのギフティング(ギフトスタンプの購入~送付)などに利用できます。また、YELシステムを使って買い物やギフティングした利用者に対して「利用報酬」として規定の電子通貨を還元する機能により、使えば使うほど還元される循環型消費を形成することができるシステムとなっています。

電子通貨システムYELは昨今急速に普及しているQRコード決済、スマートフォン決済の仕組みとは異なり、地域に貢献したい気持ちや頑張っている人や企業を応援したい気持ちを「お金」を通じて実現することを主眼としており、商店街やイベント(祭り)などのコミュニティで利用可能なシステムとなっています。

電子版の地域通貨発行をよりリーズナブルに

電子通貨システムYEL(エール)は地域経済の活性化を目的とした「電子版の地域通貨」を発行・運用したい自治体や団体・企業のためにYell TOYAMAでの経験や利用者からの意見を反映したOEM型電子通貨システムとして2019年11月より販売を開始いたします。

従来の紙幣型の地域通貨では実現できなかった顧客データ連携やWebサイトとの連動によるPRや販促活動と地域通貨のスムーズな連携をよりリーズナブルに実現するITシステムを普及させることで、地域と世界がトークンでつながる世界の実現に向けて活動を推進してまいります。

54321
(1 vote. Average 5 of 5)