おひとりさま・同性婚の相続をもっとかんたんにオンライン相続支援サービス『サラス』正式版リリースのお知らせ

By in , ,
564
おひとりさま・同性婚の相続をもっとかんたんにオンライン相続支援サービス『サラス』正式版リリースのお知らせ

ブロックチェーン技術を活用した社会課題解決事業を手掛けるSAMURAI Security株式会社(代表取締役:浦田英博 本社:東京都渋谷区)は、「相続をもっとかんたんに。」をテーマに、月額550円の定額で安心・安全・簡単に相続対策に取り組めるオンラインサービス・サラスの正式版を2022年3月23日にリリースしたことをお知らせいたします。
サラスは今回発表する6社・団体を皮切りに、今後相続・終活関連の事業者・専門家とのパートナーシップを推進し、増加の一途をたどる「おひとりさま」や「同性婚/パートナーシップ」の方を中心に、2026年までに100万人の利用者がアクセスする相続の総合デジタルプラットフォームを目指します。

サラスは相続の総合デジタルプラットフォームを目指します

サラスはスマートフォンひとつで相続対策や終活の準備を進めることができるオンライン相続支援サービスです。相続対策に必要な作業・手続きは資産の管理、お墓や葬儀、医療や介護の方針、遺産配分の意思表示など多岐にわたるため自己完結することが難しい反面、士業等の専門家を訪ねることは心理的なハードルが高く、相続対策を「したくてもできない」状態のまま死を迎えてしまい相続トラブルに見舞われるケースが少なくありません。当社は、誰もが健在なうちに安心・安全・簡単に相続対策を始められる環境をつくることで、相続トラブルの予防と適切な相続の実行を支援できると考えサラスを開発しました。

サラスは対面・対人環境かつアナログ作業が中心だった相続対策を、非対面・無人かつデジタル環境で進められるオンラインサービスです。AIやブロックチェーンなどのIT技術の活用と相続関連事業者や専門家とのネットワークを組み合わせることで、生前の終活から死後の対応まで幅広い領域をカバーする相続の総合デジタルプラットフォームを目指します。

サラスはおひとりさま・パートナー問題を解決します

ネットバンクや投資アプリの普及に伴う金融資産のデジタル化が急速に進み、対面で属人的なアナログによって進められてきた相続対策がますます難しい時代になってきました。さらに、高齢独身者の増加に伴い、相続人が不在のため生前の相続対策が不可欠となる「おひとりさま相続」も増加しています。

サラスはこうした社会環境の変化を鑑み、一般的に円満・円滑な相続が難しいとされる「おひとりさま」や「同性婚やパートナーシップの方」に適切な相続対策を提案し、相続リスクを可能な限り最小化すると共に「他人に相談しにくいこともサラスなら相談できる」温かなん人柄を感じられる「機械を超えるシステム」をテーマに開発を進め、2021年11月に開始したβ版ユーザさまの声や行動を元に改善を繰り返し、この度正式版サービスの開始となりました。

正式版の主な機能

今回リリースするサラス正式版は次のサービスを利用者に提供します。これらすべての機能は月々550円(税込)でご利用いただくことが可能です。

  • AI診断:資産状況・親族などを分析して最適な相続対策を診断します
  • やることリスト:ご自身が次に取り組むべき相続対策を逐次提案します
  • 財産管理:通帳や不動産登記簿など資産を写真撮影するだけで全財産を管理します
  • 財産目録:登録された資産を財産目録に整理整頓します
  • エンディングノート:デジタル版エンディングノートを提供します
  • 遺言書作成:簡単にオンラインで遺言書を作成します(印刷して利用します)
  • 電子契約:財産信託契約や死後事務委任契約をオンラインで締結できます
  • パートナー紹介:提携企業・個人のサービスをご紹介します(※1)
  • プラン販売:お墓・葬儀等の相続に関連するサービス・商品を販売します(※1)

※1 2022年4月リリース予定

業務提携・パートナーシップ

サラスは相続の総合デジタルプラットフォームとして法人・専門家とのパートナーシップを推進いたします。利用者によりよい選択肢を提供するための法人や専門家の方々とのパートナー契約、より安心・安全なデジタル環境を維持するためのITシステム事業者との提携等、現在6社・団体とのパートナーシップを結んでおります。

2022年3月23日時点のパートナーシップ

椎名総合会計
https://www.shiina-office.com/
株式会社ジャパンエキスパートシステム
https://expert.co.jp/
東芝デジタルソリューションズ株式会社
https://www.global.toshiba/jp/company/digitalsolution.html
東芝ビジネスエキスパート株式会社
https://toshiba-bexpert.co.jp/
梅窓院
https://baisouin.jp/
株式会社LifeTie
https://ihinseiri-lifetie.com/ (50音順)

2026年に100万人の利用者を目指します

サラスは、2026年までに100万人の利用者がアクセスして相続対策に取り組める状態を目指して改善を続けてまいります。